マイグレーションサービスと運用支援について

マイグレーションサービスの一つに運用支援があります。運用支援とは具体的にはどのようなことをしてくれるのでしょうか。ここでは運用支援のサービスについて見て行きたいと思います。簡単に言えばアフターフォローのようなものです。

運用業務が最適かされるまで

マイグレーションを実施してもらいサービスが完了したとしましょう。これで何も不安はありませんか?多くの会社はマイグレーションしたあとに、実際に業務が進行できるのか、円滑にできるようになるのか、しばらく不安を抱えているところがあるでしょう。マイグレーション後に運用がスムーズに行くのかという面に対して現場で継続してサービスを改善したり、人的なサポートをしたりしてくれるのがこのサービスです。運用業務が最適になるまで支援してくれるのです。マイグレーションをしてからはミドルウェア、ハードウェアなどを変更したり、性能が上がったことによって、運用を見直す必要が出てくることもよくあることです。運用ノウハウを持っている会社ならサービスを提供して終わりではなく、運用ノウハウを適用することによってマイグレーションを行う前だけではなく、運用後もサポーとしてくれるので安心です。

サービスは移行だけではない

マイグレーションサービスを実施している会社を探す際に、一番のポイントとしては、サービスを単純に行うだけではないという点です。移行して終わりではなくて、しばらくはサポートをしてくれるところを探すことが重要です。そうすることで安心して運用の起動になるまでをお願いすることができるでしょう。会社によっても違いがありますが、効果が出るまで継続的にサービスを改善してくれるので安心なのです。

関連する記事