マイグレーションサービスのオープンマイグレーションについて

マイグレーションサービスの一つに、オープンマイグレーションがあります。これはサポートが終了しているサービスのリスクを避けるために移行をすることを目的としているサービスです。会社に依頼すれば円滑に移行してくれるでしょう。

どのようなサービスなのか

例えばですが、昔のウィンドウズやオフィスなどのサポートが既に終了しているシステムのリスクを避けるという目的で行うサービスです。常に変化しているウィンドウズシステムに対応させるためにスムーズな移行をしてくれます。例えばですが、汎用機といった大型のPCのレガシー化だけ出なく、クライアントやサーバー型の古いオープンシステム、サポートが切れているウィンドウズシステム、さらにオープンソースソフトウェアシステムといったシステムの更改そのものもいろいろな種類が現在はあります。その中で一番問題になるのが、既にサポートが終了してしまっている1−2世代前のものを使い続けている会社が多いということです。こうしたウィンドウズのレガシー製品のリプレースをどうするかという問題に対しても変換機能の確認テストを選んだり、変換技術を使ってスムーズに信頼できるマイグレーションができるようにしてくれるのです。

セキュリティ対策も万全

こうした移行はセキュリティ対策の観点で見ると、避けて通れない新しいOSへ移行するということですがレガシーアプリケーションには影響はないのでしょうか。長きに渡り使用していたシステムを継続して使うことの課題、それは開発環境や実行環境を考える必要があります。システム機能の刷新を考えている、システム機能変更をしたくはないなど、自分の会社がどのような要望を持っているのか、それを伝えてその要望に合わせて移行ソリューションを検討する会社もあるのでそういった会社が良いでしょう。

関連する記事