マイグレーションサービスのコンサルティングについて

マイグレーションサービスの内容の一つにマイグレーションコンサルティングという種類があります。これは一体どういったサービスなのでしょうか。これからマイグレーションサービスを依頼する会社を探す際にも役立つでしょう。

対象資産を明確にする

マイグレーションコンサルティングでは、資産対象を明確にすることから始めます。例えばシステム再構築を考えるときに、システム、データ資産の以降をする場合にはいろいろな方法があります。変換ツールを使ってプログラムソースを書き換えるというリライトもあれば、今の業務仕様を基準にして新しいソフトウェア仕様を作るというリビルドというサービスもありますし、エミュレータ、仮想化の技術を使ったアプリケーション資産について新しいプラットフォームでそのまま掲載しなおす等リホストというサービスもあります。どの方法を選ぶのか、それは違いがありますが、それ以前に行うべきことがあります。それが現行資産を棚卸しなければいけないのです。

どのようにして見えるようにするのか

今ある資産を丁寧に分析して、洗い出していきます。会社が持っている資産がどのような資産なのか、それを見えるようにすることによって 無駄なものがないか、あれば排除することにつながりますし、運用管理を効率よくさせることもできるようになりますし、システムのパフォーマンスについても、上げることができるのです。現行プログラムの資産の棚卸しや分析を徹底することによって今あるシステムにどのような問題点があるのか、それを洗い出すような移行する際の検証作業に力を入れてくれるサービスを実施している会社もありますので、一度最初から洗い直してみたいという場合にはマイグレーションコンサルティングを行っているところが良いでしょう。

関連する記事